業種のイメージと店舗デザインの関係

業種のイメージと店舗デザインの関係

小売店や飲食店などの対人販売業者は商品の品ぞろえやサービスの質以外に店舗デザインが売り上げを左右します。特定の業種に対する社会的なイメージが固定されていることが多いため、店舗デザインを決める際は業種のイメージを把握することが大切です。また、門構えをはじめとする外装は社会的なイメージだけではなく近隣の景観に合わせる必要もあることから、開店準備やリフォーム工事を行う時の確認は慎重に行うことを心がけます。

店舗デザインは自分で最初から決める方法もありますが、集客効果の向上に繋がる良質な仕上がりにするのは難しい問題があります。そのため、施工業者が提案するテンプレートに沿ったデザインに決めるのが無難な対処法です。

店舗の内装デザインを決める方法と工事の注意点

店舗の内装デザインは自分で決める他に専門業者の提示するプランを採用する方法があります。業者の提示プランは市場調査や過去の売り上げに基づいて作られたものなので一定数の集客効果が期待出来るのがメリットです。その一方で同業者と類似したデザインになりやすいことから、差別化を図るのが難しいデメリットもあります。自分で最初からデザインを決める方法は他には無い個性的な仕上がりになるのが大きな特徴ですが、デザインの知識が無いと業種のイメージとそぐわない結果になる可能性があるので注意が必要です。

決定したデザインを形にするための内装工事はイメージ通りの仕上がりにする他、安全性にも配慮することが大切です。内装に使う建材は有害物質が含まれていない物を選び、施工業者も安全に気を配る優良な所を選ぶことを心がけます。

オーナーの思いを体現する店舗の内装。集客を左右する重要な要素です。成功は内装の第一印象で決まります。