住み心地のチェックはいかにモデルルームを調べるか

住み心地のチェックはいかにモデルルームを調べるか

新築の分譲マンションは、多くは建設中に販売が始まります。完成前に完売してしまいます。完成して実物を見てから購入は、よほど人気のない物件でいないと無理かもしれません。それらの物件では、一応モデルルームを別の所に用意してくれています。すべての間取りは再現されていませんが、いくつかの代表的な間取り、設備などが見られるようになっていて、家具なども配置して購入後をイメージしやすくしてくれています。購入後によくあるケースは、こんなはずじゃなかったでしょう。間取りであったり使い勝手、住み心地が思ったより悪い時があります。モデルルームは完全に居室を再現していないもののある程度は本物に近くなります。隅々までチェックしまくるようにしましょう。

日当たりが良すぎるのも問題かもしれない

マンションを購入するとき、日当たりは重要な要素の上位に来るでしょう。南向きか東向きが良いとされています。せっかく南向きの物件を購入しても、すぐ近くに別の物件が建てられると日当たりが大きく変わります。その後の建築予定なども調べて購入を決める必要があります。日当たりがいいと、昼間に明るくて冬は暖かいです。かなり住みやすくなります。しかし日当たりはメリットだけではありません。夏はその日差しが大きなデメリットになります。夏は昼が長いので、強い日差しが一日の大半入り込むなどがあります。となると冷房をどんどん利かせないといけません。ベランダが大きいと日差しを遮られますし、遮熱性や遮光性の高い窓ガラスなどなら多少は暑さがましになります。

柏のマンションでは、ウォークインクローゼットやトランクルームを備えている物件も存在し、充実した収納スペースを求めている場合でも納得のいく物件選びができます。