お店のデザインをするには業者選びはとても重要

お店のデザインをするには業者選びはとても重要

店舗デザインと設計士は一緒

これから何らかの店を開く場合には、店舗が必要になりますが、リピート客をたくさん呼ぶためには商品やサービスが重要だとしても、それ以外にその店舗のデザインも重要になります。デザインは自分で行ってもよいですが、専門的な店舗デザイナーに任せると質の良いものを設計してくれます。

そもそもデザイナーとはどのような人かといえば、いわゆる設計士と同じだと思って間違いないでしょう。業者によってはデザイナーという言葉を使わず設計士と呼んでいることもあります。

デザイナーは、設計事務所を経営している人や設計事務所で働いている人になりますが、基本的にデザインをするだけで施工を行いません。つまり、店舗デザインの場合は、デザイナーがデザインした住宅を内装業者が施工するため、場合によっては両社がかみ合わずうまくデザインが反映されないこともあります。もし不安であれば、店舗デザインをしてくれる人と内装工事をしてくれる人が同じ会社に属しているところを選ぶとよいでしょう。

店舗デザイナーと設計士の違い

店舗デザインをするデザイナーは、設計士と同じような働きをしますが、根本的に設計士とは違います。設計士は、何もないところから住宅を建築することができるのが特徴になります。これに対して、店舗デザインを行うデザイナーは、店舗のデザインができますが、全くゼロのところから図面を作り設計することはできません。

もし、これから建物を建てて店舗を経営する場合には、店舗デザインを担当してくれる人だけでなく、別に設計士が必要になることを頭に入れておきましょう。

壁の表装仕上げ(クロスや塗装壁)を変更したり、床の仕上げや天井の仕上げを変更したりすることをひっくるめて、内装工事といいます。工務店や内装仕上げ業者が取りまとめて、その工事をすることが可能です。