敷金と礼金の額を考えて賃貸住宅を選ぶべき

敷金と礼金の額を考えて賃貸住宅を選ぶべき

礼金の額を下げてもらうこともできる

賃貸物件を借りる時には、一部の地域を除いて敷金と礼金を支払うことになっています。敷金と礼金は、通常初期費用の中に含まれており、毎年支払うわけではなく物件を借りる最初の時だけ支払うものです。そのため、最初の支払いをしてからはその存在を忘れてしまう人がいますが、敷金と礼金は家賃と大きなつながりを持っています。
例えば、礼金を高くして家賃を低くするようなやり方をしている不動産経営もありますが、家賃が高く、礼金が少なく設定されているような場合もあります。もし、敷金と礼金が2カ月分ずつで家賃もそれなりに高い場合は、大きな負担になってしまうため礼金を下げてもらうように交渉することも可能です。基本的に、家賃を下げてもらった方が借主としては都合がよいかもしれませんが、家賃を下げる交渉は水泡に帰すことが多いため、あまり賢明とは言えません。

敷金を下げる交渉はしない方がいい理由

敷金と礼金は、マンスリーマンションやウイークリーマンションを見ればわかる通り、必ずしも支払わなくてもよいものになります。そのため交渉次第で下げることができますが、敷金を下げてしまうと退去する時に支払うお金が多くなってしまいます。そのため、安易に敷金を下げるようなことはしない方がよいでしょう。もし、敷金を下げてもらわなければ借りることができない状態ならば、物件を借りているどこかの段階で家賃の滞納をしてしまう恐れがあるためその物件は借りない方がよいです。
物件を借りる時は余裕を持って借りることが大前提になりますので、将来的なこともよく考えて借りましょう。

新札幌の賃貸は、周辺エリアへのアクセス性に優れているだけでなく、公共施設やショッピング施設も気軽に利用できるため、充実した環境で暮らせます。